蓮とツバメ,バン幼鳥,チョウトンボ,アキアカネ in 水元公園

こんにちは。バードふじやまです。今日は大リーグ中継もないので水元公園へ行って来ました。ハス田をツバメが飛んでたので撮影してから、コアジサシも出てないようなので、バンの親子を撮りに行きました。チョウトンボとアキアカネが飛んでたので撮影しながらバンの出待ち。漸くして人の気配がなくなった所でバン幼鳥が出てきました。親子のツーショットも撮りたかったですが、空腹に負けて撤収しました。

画像はクリックすると拡大します。

出会った野鳥たち

蓮とツバメ

ツバメの出は良かったと思いますが、なかなか低空の良い所を飛ばないのでずっとノーチャンス。2時間ぐらい経ってやっと撮れました。でも、ハスの花があまり写ってないですね(笑)。

バンの幼鳥に漸く会えたと思ったら、こんなに育ってました(笑)。

チョウトンボの翅は光が当たって綺麗だったので飛翔を狙いました。5枚目は交尾ですね。真っ赤なアキアカネも飛翔を狙いましたが難しかったです(涙)。交尾の瞬間は撮り損ねましたが♀が産卵してました(最後)。

蓮とツバメ in 水元公園

こんにちは。バードふじやまです。7月4日以来の更新になります。今日は久しぶりに水元公園へ行くとツバメが蓮の上を飛んでたので撮ることにしました。下手な鉄砲も数打ちゃ当たると言いますが、なかなか当たらずピンボケを量産しました(笑)。常連さんからコアジサシは出てないと聞いていたので、カワセミを撮りに向かいましたが、空腹で気力もなくなってきたので1枚も撮ることなく30分位で撤収しました。

画像はクリックすると拡大します。

出会った野鳥たち

蓮とツバメ

茶色いのも飛んでたのでツバメの幼鳥かと思いますが撮影は出来なかったです。

今回の遠征でお世話になったお宿 in 青森県遠征・旅の宿

こんにちは。バードふじやまです。いつもは車中泊しながら遠征していますが、今回は遠距離なのと他の理由もあり、空路で青森入りしました。レンタカーで一生に一度は行きたかった十二湖と奥入瀬渓流を回って温泉宿も一生に一度は泊まりたかった宿にしてと、欲張りな計画が出来たのが1週間前(笑)。で、予約状況を見ると、宿はどれも残り数部屋で飛行機も空きがあったので、これは行くしかないと予約を入れました。

ところが、天気予報は日を追うごとに雨の予報に変わり、雨具などの余計な荷物が増えて雨を覚悟しました。幸いなことに降られたのは1日目の小雨だけで、肝心の2日目と3日目は明るい曇りで絶好の撮影日和になりました。晴れ男のパワーはまだ健在でしたね(笑)。

撮影機材はスマホと以下の通りです。
レンズ:Laowa 15mm f/2 Zero-D(中華製のマニュアルレンズで普段使ってる超望遠レンズとは真逆の単焦点の超広角レンズ)
カメラ:SONY α1

画像はクリックすると拡大します。

出会った野鳥たち

アオーネ白神十二湖・1泊目

4ベッドのログハウス。快適でした~。夕食は別棟のレストランで食事もデザートも美味しかったです。
※すべてスマホで撮影

ところで、1枚目に写ってるのが借りたヤリスHBですが燃費が抜群に良かったです。初日は平坦な所ばかり130km走って37Km/L。宿は山中ですし峠越えも走って返却時の走行距離が386kmで31Km/Lでした。これにはお店の人も驚いてました。

一度は泊まってみたかったランプの宿。玄関に入る前からランプが見えていい感じ。館内は薄暗くランプの油が燃えた臭いが満ちていて独特な雰囲気(1-2枚目)。部屋に入るとランプが良い感じだったので早速撮影。薄暗い中で撮影しながらランプの明かりを見ていたら何故か心が落ちつきました(3枚目)。ランプ小屋があったり食事も素朴で美味しかったです。温泉は単純泉で肌がすべすべになりました(笑)。
※2‐4枚目:Laowa 15mm f/2 Zero-D+SONY α1

こちらも一度は泊まってみたかった酸ヶ湯温泉旅館。1-3枚目は正面玄関と館内。夕食はまさかの部屋食で勿論美味しかったですが、左のリンゴサワーがこれまた美味しくて懐かしのダイヤル式電話で追加注文しました(4-5枚目)。着いた日はもう一つの風呂で疲れを癒し、有名な千人風呂は翌朝入りました。強酸性の硫黄泉でいいお湯でした!時間があればもう一回入りたかったです(涙)。
2-3枚目:Laowa 15mm f/2 Zero-D+SONY α1

実はチェックインの時に「昨日、熊が出たので散歩とか出ない方が良いです。一人亡くなってますから」とサラッと言われ吃驚!前日はテレビもなくスマホも使えない宿にいたので知りませんでした。翌朝、共同駐車場にパトカーが出て警戒してました。

奥入瀬渓流で心身共に癒されました in 青森県遠征・3日目

こんにちは。バードふじやまです。今日は青森県遠征のもう一つの目玉!奥入瀬渓流巡りです。前夜からの雨も明け方には止んで明るい曇り空。2日続けて絶好の撮影日和になりました(笑)。宿の朝食が7時半からと遅めでだったので阿修羅の流れに到着したのは10時頃になりました。その後、十和田湖畔の食堂で昼食と作戦会議。その結果、残り時間を考えて回るポイントを絞りました。私が巡ったのは全体からすれば大した距離ではありませんが、気温も17-18度と涼しく心身共に癒されてリフレッシュできました。

【2024.7.5追記】
十二湖の青池の写真を忘れてたので追加しました。

奥入瀬渓流で使用した撮影機材は以下の通りです。
レンズ:CANON EF24-105mm F4L IS Ⅱ USM
マウントアダプター:TECHART TCS-04
カメラ:SONY α1

画像はクリックすると拡大します。

奥入瀬渓流

阿修羅の流れ

奥入瀬渓流と言えば阿修羅の流れですね。此処は外せないので真っ先に来ました。メディアで見た景色が轟音と共に目の前に広がり、ちょっと感動です。動画も撮りました。


1枚目、十和田湖を水源とする奥入瀬渓流ですが、その始まりは意外にもこの小さな水門でした。ここで一定の水量にしてますね。
・2‐3枚目、銚子大滝とその下流。銚子大滝はコンパクトな割には水しぶきが凄く煙ってました。
・4-8枚目、九段の滝とその下流。

・1‐2枚目、雲井の滝と白布の滝。
・3-4枚目、小腹が空いたので、最後に石ヶ戸休憩所でソフトクリームを食べて暫く休憩してから周辺を撮影して今宵の宿へ。

1日目の午後に撮影。天気が悪いと色が出ないらしいですが、小雨でしたが明るかったので色が出てました。

コウノトリ(巣立ったたけるとヤマト) in 千葉県

こんにちは。バードふじやまです。今日はコウノトリの巣立ちが気になるので行ってみました。すると、たけるが直ぐに飛び出しました。どうやら昨日の早朝に巣立ったらしいです。残っただんは一度飛びそうになりましたが、その後は飛ぶ気配がありませんでしたので13時まで粘り諦めました。他には、ヤマトがファインダーに入りきらないほど近くに来たり、どじょうや蛙を食べてましたね。

画像はクリックすると拡大します。

出会った野鳥たち

たける

たけるはすっかり上達して飛び回ってました。何度も巣に戻っては、だんにお手本を見せて飛ぶように促してたみたいです。ヤマトも2回巣に戻った以外は、田んぼから子供たちを見守ってたようです。

自由に飛び回っていたたけるですが、一度だけ着地に失敗しました。着地点が余りに端だったのでズッコケてやり直してましたね(笑)。

1枚目は近すぎました(笑)。立派なドジョウを食べてました(2-3枚目)。特に放流はしてなくて自然のままだとの事です。

飛ぶ練習は少なかったですが、この時は2-3回羽ばたいてホバッてました。